医師にもあります!アルバイト形式の勤務とは

病院への非常勤勤務は有名です

医師というと高い給料を得られる職業の代名詞のように思うかもしれません。ほかの職業と比較して平均的な給与水準が高いのはたしかですが、経営者としての立場にない医師は「高給取り」とはいえない部分もあります。特定の病院に籍を置かない医師の場合、複数の病院で非常勤勤務の形で務めることがよくあります。ひとつの病院に特定の曜日だけ勤務するため、病院の掛け持ちをしないと収入が不十分な場合があります。病院の経営状況により契約が打ち切りになることもありますが、勤務先に困ることはあまりありません。

学校や企業の健診もいいバイトです

開業医であっても行う場合があるアルバイトが、企業や学校で行われる健診の担当です。特定の病院と契約が結ばれている場合もありますが、健診のたびに、企業や学校まで来てくれる医師を探している場合もあります。企業や学校の規模によりますが、健診は1日がかりになることが多いので、簡単な仕事ではありません。集中力の持続が求められるため、アルバイトというよりは「出張勤務」という表現が合っているかもしれません。開業医の場合、休診日に健診を行う例が多いので、自身の体調管理に注意する必要があります。

当直の仕事もよくあるバイトです

現役医師のアルバイトとしては、大学病院などで夜間から早朝まで勤務するいわゆる「当直」の仕事もよくあります。救急車などによって運ばれてくる患者に対応するのがおもな仕事です。この当直は平常時でも人手不足になることがありますが、特に年末年始などの連休には勤務できる医師の需要が増える傾向にあります。深夜の勤務が多いため、慣れないうちは体調管理に気をつける必要がありますが、夜間や連休に体調を崩した人にとっては大変ありがたい仕事です。

夜勤の医師のバイトがあります。緊急外来や当直などの夜勤のバイトは、時給がよく、若手の医師や非常勤の医師に人気です。